「あさが来た」の人物関係を相関図にしてみた!画像やあらすじも!

あさ2

NHK朝の連続ドラマ「あさが来た」。

主題歌にAKB48の曲を使ったり、タイトルに「ん」が付かない作品はヒットしないという都市伝説があるなど、放送前から色々と注目を浴びているようです。

NHKさんの公式ページを見たところ、家が絡む関係で色々と人物関係が複雑だったので、自分なりに相関図にしてみました。

それぞれがどう思っているかなんかも簡単に載せていますので、同じく全容を掴めていない方は参考にして頂ければ幸いです。

スポンサードリンク

すっごい汚くなったうえに、全体像が小さくて見づらくてすみません!!

ポチると拡大されて何とか見えます(;・ω・)

あさが来た相関図 (1)

 

引用元:NHK ONLINE

 

まぁあらすじや個々の人物については公式を見たほうが早いし綺麗なので、そちらをご覧ください。

実はあらすじというか、ほぼネタバレなんですけどね(笑)

 

面倒な人は、一応私なりに概略をまとめました。

 

スポンサードリンク

 

ヒロインの「今井あさ」は京都の豪商今井家の次女で、許婚は最初は嫌だったが大阪の両替商の次男・新次郎に会って優しさと器に惚れて結婚。

また、大好きな姉の「今井はつ」も大阪の両替商の嫁に。

明治維新の激動のなか、両替商は成り立たず、金儲けが嫌いで道楽な夫の新次郎に代わって「あさ」が実業家として、男社会の中で苦悩しつつ次第にその才能を開花させていく。

一方、姉の「はつ」が嫁いだ両替商は両替業から脱却できずそのまま倒産、夜逃げ同然で姿を消す。

そのうち「あさ」と「はつ」は再開し、「はつ」は親の援助を拒むも「あさ」が説得し「はつ」は新しい人生をスタートさせる。

「あさ」は師となる「五代友厚」と親交を深め、その教えに従い銀行経営を引き受け、日本初の女子行員の育成も行う。

次第に道楽者の夫・新次郎もお金儲けではない「仕事の意義」を見出し活動開始。

一人娘も嫁に出した「あさ」の最後の仕事は、「女子教育の発展は社会の発展」の信念で日本初の女子大学を設立。

 

こんな感じかなーっと。

つか、実在の人物と原案となる小説があるからか、公式でネタバレ激しすぎるような・・・。

ただでさえ、始まってもいないうちからコケる可能性が論じられているのに公式ページでネタバレというのは、どうなんでしょう。

かえって視聴率集まるんですかねー。

さてはて。

 

前評判はともかく、我が家は朝ドラが大好きなので、きっと最後まで見るでしょう!

願わくば、面白くて話題になるような作品に仕上がって欲しいと思います!

 

ではでは、(´・ω・)ノ★*゚*゚+.゚вуe вуe゚+.゚☆*゚*

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ