AVプロダクションが敗訴!契約解除可能の判決!弁護士に相談しよう!

アダルトビデオ(AV)の出演拒否で違約金の支払い訴訟を起こしていたプロダクションが敗訴しましたね!

おそらく全国各地で悩める女性にとって強い味方となってくれる判決なのではないでしょうか。

ぜひ応援したい内容なので、シェアの意味を込めて記事にしました。

スポンサードリンク

裁判・訴訟の概要

アダルトビデオ(AV)への出演を拒否した女性が、プロダクション会社から「契約違反」として2460万円の違約金などを請求された訴訟で、東京地裁(原克也裁判長)が「本人の意に反して強要できない性質の仕事だ」として、会社側の請求を棄却する判決を出した。

女性の代理人が29日、明らかにした。判決は9日付。会社は控訴せず、確定した。代理人の伊藤和子弁護士は「高額の違約金で脅され、AV出演を強要される事例は多い。重大な人権侵害だ」としている。

判決などによると、女性は高校生の時、タレントとしてスカウトされ「営業委託契約」を結んだ。意に反して露出度の高いグラビア撮影をされ、20歳になると会社が無断でAV出演を決定。出演後、さらに出演契約を結ばされた。

精神的なショックで体調が悪化し、出演を拒否したところ「違約金が1千万円かかる」と言われた。女性が民間団体に相談し、契約解除を通告すると、2014年10月、提訴された。

 

さて、経緯をもう一度おさらい。

まず高校生のうちに「タレントになりませんか?」といって、すぐに営業委託契約を結ばせます。

このときに、親の同意を取らず、また契約書をよく読む時間を与えません

その後、仕事にいくと露出の高いグラビア撮影を強要

ここで拒否しても「契約上の義務なので撮影に応じなければならない」と強要されます。

しかも、未成年であることからギャラは支払われずにプロダクションに搾取されます。

さらに20歳になると、AVの出演を同様に強要されます。

しかも、複数の男性と性行為をする、という過激な内容なのです。

さらにプロダクションは次の出演を強要してきます。

意に反しているので当然大きな精神的なショックを受け「やめさせて欲しい」と言うと「違約金1000万円が発生する。あと9本出演しないとやめられない」と、脅されます。

女性は民間支援団体「ポルノ被害と性暴力を考える会(PAPS)」に相談し、契約解除を申し出ると2460万円の違約金を求める訴訟を起こした、というわけです。

結果は、プロダクションの敗訴、となりました。

 

AV出演の手口ってこんなんだったんですね・・・。

高校生のうちからAVに出演させるつもりでスカウトしてるとは。

まさに大人が子どもを食い物にしている状況ですね。

 

今回の判決を踏まえて弁護士に相談を

 

スポンサードリンク

さて、今回の判決は同様の被害を受けている女性にとって大きなニュースだと思います。

それは、「意に反したAV出演契約は破棄できる。」ということです。

今回は女性が2本目には出演は拒否できたものの、すでに1本出演してしまっており、「このことに関する検索結果や動画サイトは残ってしまうので苦しい」とコメントしています。

誰にも相談できず、ずるずるとプロダクションの言いなりになってしまい、10本、20本と出演を強要され続ける女性も少なくないのではないでしょうか。

「ポルノ被害と性暴力を考える会」によると、2015年だけで59件もの相談が寄せられ、その多くは「AV出演に関すること」のようです。

 

相談した結果、出演を拒否した事例についても記載があるほか、お問い合わせなどもできるようになっていますので、もし少しでも不安がある人はすぐに相談しましょう。

脅されても、勇気をだして絶対について行かないでください。

 

今回の判決により「AV出演契約はたとえ契約違反になろうと違約金は発生しない」のです。

 

ちなみに、ちょっと法的なことを勉強してみました。

今回は「契約解除」を通告したところ「違約金を請求する」訴訟が敗訴した、ということは、契約解除は有効であったということですよね。

 

ここで、契約解除について調べたところ

契約の解除とは,当事者の一方による契約を解消させる旨の意思表示です。契約が解除されると,原則として,その契約は遡及的に消滅し,契約成立前の状態に戻ることになります。

とのこと。

遡って消滅する、ということは、「契約解除」を通告した時点で契約がなくなるのではなく、契約を結んだ時点を起点として契約が消滅するってことですね。

 

当たり前のことに見えますが、いつの時点で契約が無効になったか、ということは大事だと思います。

例えば、今回の被害を受けた女性が1本目を撮影された直後に弁護士に相談して契約解除を通告すれば、その撮影したAVは販売できないのではないですかね。

AVの著作権がプロダクションに帰属する、というのは当然その契約の一部ですから、18歳の営業委託契約時に遡って契約が消滅するとなると、そもそも販売する権利を失うんじゃないかなーっと。

法律の専門家じゃないので間違っているかもですが。

そのような議論をしたいわけではなくて、とにかく困ったらすぐ専門家に相談しましょう、ということ。

早ければ早いほど、何とか対処できる方法が見つかると思います。

 

いかがでしたでしょうか。

今回の判決は、本当に大事な判決だと思います。

皆さんもこの事件を色々なところでシェア、拡散してください。

それで救われる女性がいるはずです。

 

ではでは、(´・ω・)ノ★*゚*゚+.゚вуe вуe゚+.゚☆*゚*

 

スポンサードリンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ