ベビーカー事件 犯人の理由が最悪!ネットでは擁護する声も・・・?

ベビーカーに乗った赤ちゃんが殴打される事件がありましたね・・・。

その理由は到底許されないものでしたが、なんと意外と擁護、というか同調する声もあったので驚きました。

スポンサードリンク

事件の概要

東京メトロ有楽町駅の構内でベビーカーに乗っていた1歳の男の子の頭をいきなり殴ったとして、64歳の男が警視庁に逮捕されました。男は「ベビーカーが邪魔だった」と供述しているということです。

 暴行の疑いで逮捕されたのは、東京・荒川区の無職・新井説夫容疑者(64)です。新井容疑者は26日午後1時ごろ、千代田区の東京メトロ有楽町駅の構内で、30代の母親が押すベビーカーに乗っていた1歳の男の子の頭を、すれ違いざまにいきなり右の拳で殴った疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、新井容疑者は男の子を殴ったあと逃走しようとしましたが、男の子と一緒にいた父親にその場で取り押さえられたということです。

 取り調べに対し、新井容疑者は「ベビーカーに自分の進路が塞がれ邪魔だったので、腹が立って殴ってしまった」と容疑を認めているということで、警視庁が当時のいきさつなどを詳しく調べています。

 

さて、かなりありえない事件・・・と思えますが、父親はよく取り抑えましたね。

実はこの父親、この事件をツイートしていたようで、

今日都内の駅構内で妻が押すベビーカーに乗った1歳の三男が、通りすがりの見知らぬ男に拳で突然殴打されました。

私は少し離れた所に居て妻の悲鳴に気づき現場から逃げようとする男を取り押さえ警察に引き渡し被害届を提出。

犯人は64歳無職「ベビーカーが目障りで思わずやった」と供述しています。

三男は幸い大怪我にはならなかったものの、頭を真っ赤に腫らして泣きじゃくっていました。

駅だったので監視カメラが一部始終をとらえており現行犯として男は即逮捕されました。

取り押さえた方もかなりの時間、拘束されるとは知りませんでしたが、、

男は拘束した時には、父親が居たことに驚いて居たように見えたので、私が5歳の次男の面倒を見る為に妻から数メートル離れていた為私に気づかず、女性と赤ん坊だけと言う弱者であることをふんだ上で憂さ晴らしのような気持ちでやったと思われます。

やはりネット上などでも見る子連れの女性が公共交通機関などで受けるという嫌がらせなどは彼女達の自意識の過剰などでは決してないことがよくわかりました。

常に父親がそばに居てやれる訳ではないし、私もこれからは一人で居る時にも子連れの母親には可能な限り目を配ろうと思います。

勘違いしとる人がいるから一応補足するけど、駅内の通路しかも人はまばらだった。

別にこちらがぶつかった訳でもない。

ふつーにすれ違いざまに振りかぶってズドン。

今回の犯人は、明らかにベビーカーを押している母親=弱者である、と認識したうえで殴ったわけですね。

母親が文句でも言ってきたら「邪魔なんだよ!」と一喝してやろうと思ったのでしょうか。

ところが母親が悲鳴という予想外の行動にでたのと、父親が近くにいたという予想外の事実で慌てて逃げたのでしょうね。

 

ネットの声は批判的だが意外にも擁護するものも

スポンサードリンク

さて、これを見たほとんどの人は、ひどい人だな、と思ったと思います。

ネットの声でも

・許されない

・人間としてどうかと思う

・抵抗できない赤ちゃんを狙うのは卑劣

・やはり防犯カメラは必要

・赤ちゃんもお母さんもトラウマになりかねない

このような声が多数をしめているようです。

 

ところが、意外にもこの男を擁護する声や同調するものも結構いるようです。

・確かにベビーカーが邪魔なときはある

・母親のマナーが悪かったのでは

・子どもの躾が悪いのでは

・スマホでもいじってたんでしょ

 

さて、この両者は一見対立構造にあるように見えますが、実は微妙に別の議論をしているのではないでしょうか。

擁護派の意見は「マナーのなっていない母親やその子ども、邪魔で横暴なベビーカーは確かに少なからずいるし、そういう人には腹が立つ」というものです。

批判的な意見は「だからといって、赤ちゃんに暴力を振るうことは到底許されない」というものです。

 

腹が立つからといって、人に暴力を振るってはならない。

このようなことは、今更議論をする余地のある問題とは思えません。

 

今回の事件はひとりのとんでもない男が非常識な行動をとった、で終わらせるべきものではないのだと思います。

問題は、「ベビーカーを持った母親を邪魔だと思う人」が少なからずいる、ということじゃないかなと思います。

まだまだ子育てする親に優しい環境づくりができていない、ということですね。

 

私は小さい子どもを持つ父親ですし、子連れの母親を見ると助けてあげるべき、と思います。

でも、それほど子連れが堂々と歩けない中で子育てしてきた世代もいると思うし、まだ子どものいない人はまた違う意見なのだと思います。

子連れだからといって何でもかんでも許されるわけではない。

その意見も当然理解できますしね。

 

いかがでしたでしょうか。

言語道断・・・とばっさり切りたくなる今回の事件ですが、そこには見過ごせない闇があるのかもしれません。

でも、それを皆で考えることが大事なんじゃないかなーと思います。

 

ではでは、(´・ω・)ノ★*゚*゚+.゚вуe вуe゚+.゚☆*゚*

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ