野良猫餌やり、餌付けで排泄物に慰謝料55万賠償命令?理由と対処方法は?

福岡県で、野良猫に餌付けをした女性に裁判所から慰謝料55万円の賠償命令が下されました。

猫島ブームの一方、この問題には色々な意見がありますが、いったいどのような理由なのでしょう?そしてその対処方法は?

スポンサードリンク

事件の概要

場所:福岡県

訴えの内容:隣家の女性が野良猫への餌付けを続けたため、排せつ物で自宅の庭が汚された。

これにより庭の砂利の入れ替えなどを余儀なくされた。

被害を受けた住民は、約160万円の損害賠償を求めていた。

 

これに対し、福岡地裁の溝口優(ゆたか)裁判官は

動物愛護の観点から女性の心情に一定の理解を示したが、被害防止の対策をとらなかったと判断した。

女性は2013年5月頃から少なくとも同年12月頃まで、自宅玄関前に餌を置くなどして複数の野良猫に餌やりを継続。

周辺に居着くようになり、原告住民の自宅の庭に入り込んで排せつするなどし、原告は庭の砂利を入れ替えた。

野良猫を愛護する思いから餌やりをしているとみられ、直ちに非難されるべきものではない。

しかし、猫が居着いて、近隣に迷惑を及ぼすことは十分に認識できたはずである。

女性が保健所から行政指導を受けるなどした13年6、7月以降、餌やりの中止や屋内飼育を行うべきだった。

近隣住民への配慮を怠り、生活環境を害した、と結論付けた。

 

つまり、「動物愛護の観点から餌やり自体は直ちに非難されるべきではない」、としながらも、「行政指導も受けていたことから餌付けにより近隣住民に迷惑を及ぼすことを認識できははず」なわけなんですね。

だから、餌付けをやめるか、迷惑をかけないように屋内で飼育するかしなければならなかったのに、それを怠ったと言っている訳です。

このことから、慰謝料として55万円の支払いを命じた、というのが事件の流れですね。

 

逆に言えば、迷惑がかからないように家の中で飼ってしまうか、そもそも餌をあげなければ良かった、ということになりますね。

 

野良猫への餌付けは無責任?非常識?猫島はどうなる?

スポンサードリンク

さて、今回の判決は、野良猫への餌付けを抑制するための大きな材料となったと思います。

 

一方で、最近では猫島ブームとも呼ばれ、観光資源の少ない離島に観光客を呼ぶため、野良猫自体が一種の観光資源になっている地域もあります。

そのような猫島であっても「餌やりはご遠慮ください」という看板が掲げられていますが、それでもせっかく来た観光客は、かわいい猫たちにこっそりと餌やりをしてるのが現状のようです。

今回のケースにように観光客が餌やりで訴えられることはないと思いますが、この判決を根拠に各自治体で「野生生物への無責任な餌やり」に罰金規定を設けることは十分に考えられます。

そのような条例が制定されれば、裁判などするまでもなく自治体に罰金を支払わなければならないことになります。

 

感情的には餌をあげたいという人は多いようです。

感情的に「野良猫に無責任な餌やりを」するな、という意見の人も当然多いです。

 

しかし、もっと野良猫全体のことを考えて活動する地域猫活動家の人もいらっしゃいます。

ちなみに地域猫とは、以下のように説明されています。

地域猫(ちいきねこ)とは、野良猫が住みつく場所で、地域住民の認知と合意の上で共同管理されている猫の通称である。

増え過ぎてしまった野良猫の数を抑制し、住民やボランティア等が共同管理することで、猫が起こす様々な問題に対応していく活動である。

なお、地域猫活動に法律上の定義は存在せず、猫の管理実態によっては飼い主のいる、または飼い主のいない猫として取り扱われる。

引用元:Wikipedia

地域猫活動と主張したとしても、それが近隣住民に迷惑をかければ、「単なる無責任な餌やり」と判断されてしまうため、非常に難しいんですよね。

 

野良猫を巡る議論はネットで活発に行われているようです。

こちら

 

いかがでしたでしょうか。

猫はかわいいものですが、その付き合い方は非常に難しい。

しかし、ともあれ安易な餌やりは、もっとかわいそうな猫を増やす原因にもなりますし、自分も不幸になる可能性もあります。

十分に理解して付き合っていきましょう。

 

ではでは、(´・ω・)ノ★*゚*゚+.゚вуe вуe゚+.゚☆*゚*

スポンサードリンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ