青野紗穂のアメリカで優勝するすごすぎる歌唱力とその動画!関ジャニ∞の仕分けでも高評価!

profile

青野紗穂さんは、すごい歌唱力を持つ、現役の女子高校生シンガー。

アメリカの有名な音楽イベントで、プロへの登竜門とも呼ばれている「N.Y.アポロ・シアター アマチュアナイト」で優勝するほか、以前、「関ジャニの仕分け∞」にも出演され、そこでもその歌唱力が評価されていました。

そんな青野紗穂さんの経歴とすごすぎる歌唱力とは!?

スポンサードリンク

プロフィール

青野紗穂のオフィシャルサイトからの引用ですが、一応プロフィールをご紹介。

1997年兵庫県生まれの高校生シンガー。

5歳からダンスを習い始める。
エイベックス主催「キラット☆エンタメ・チャレンジコンテスト2007」に出場。
約2000人の中からモデル部門の特別賞に選ばれたことをきっかけに
エイベックス・アーティストアカデミーで歌とダンスのレッスンを開始。
2012年、N.Y.アポロ・シアターのアマチュアナイトのキッズ部門「Stars of Tomorrow」に出場し、優勝を果たす。

4月からフジテレビ「水曜歌謡祭」に“水曜シンガーズ”としてレギュラー出演中。

2015年、メジャーデビューに向け活動中。

 

5歳からダンス。

早いですね。

今では学校でダンスが必修化しましたので習い事としての需要は高いと思いますが、当時はどうだったのでしょうね。

私にも娘がいて、アイドルグループのLIVE映像などで踊っている姿を見てよく踊っているのですが、ダンスを習わせるとこういう道を目指したりするものなのかなー。

まぁピアノを慣わせてもプロのピアニストになるわけでもないですし、同じか。

 

2007年の出来事では、当時10歳ですね。

芸能活動としては、モデルが先だったということでしょうか。

今はシンガーとして有名ですが、モデルをやっていてもおかしくない美貌でもありますね。

このときから本格的に歌とダンスを始めたと。

 

スポンサードリンク

 

そして2012年で14歳のときに、N.Y.アポロ・シアターのアマチュアナイトのキッズ部門「Stars of Tomorrow」に出場し、優勝。

ちなみにその動画です。

まず、大人っぽくて14歳に見えませんね。。

見た目もさることながら、仕草や表情など、20歳前後と言われても違和感ありません。

そしてその歌唱力。

本場のアメリカで優勝するほどの本格派ですね。

これが後に繋がる実績となるわけですが、しっかりとプロを見据えていたからこそ、この優勝を狙ったのでしょう。

そう考えると、とてもプロ意識が高いと思いますし、そういったことをアドバイスしてくれる人がちゃんと側にいるということですね。

 

その後、同年に「関ジャニ∞の仕分け」で「歌うまキッズ軍団」として参加し、misonoさんと対戦し勝利。

そこで、その歌唱力の高さを日本でも示すことができました。

 

そして、2015年は「水曜歌謡祭」で「水曜シンガーズ」としてレギュラー出演。

この「水曜シンガーズ」がまたすごいシンガー達の集まりで、番組が100名の中から選りすぐりの9人を選んだ、というものです。

「1リットルの涙」の主題歌となった「Only Human」を歌った「K」さんや、テイラースイフトの日本語カバー「We Are Never Ever Getting Back Together」を歌った「MACO」さんなど、特に歌唱力で選んでいるな、という9人ですが、そんななかに、青野紗穂さんが肩を並べて入っています。

今は地元の兵庫県から上京して、都内のライブ会場などで活動を続けながら、2015年のメジャーデビューを目指しているそうです。

メジャーデビューをしていない人が「水曜シンガーズ」に選ばれたのもものすごいことなのでしょうが、しっかりと海外で実績を作ってきた青野紗穂さんなら当然なのかもしれません。

おそらく年内にメジャーデビューするのでしょうが、レコード大賞の新人賞候補でしょう!

 

まだ高校生でメジャーデビューをしていないにも関わらず、実績をあげている青野紗穂さん。

これからの活躍に注目ですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

このページの先頭へ